Hana Partner(ハナパートナー)

大阪の結婚相談所 住所:大阪府大阪市北区梅田
電話番号:05037494851
ホームページURL:http://hanapartner.com/
連盟:IBJ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 「大阪の結婚相談所ならいい出会いがあるはず」という思いを持・・・

    「大阪の結婚相談所ならいい出会いがあるはず」という思いを持った理由は、地元では中々良い出会いに恵まれなかったためです。

    私が住んでいる地域にも結婚相談所はあるので、まずは地元の比較的有名なところに入会しました。

    決して安くはないコストを掛けて利用していたのですが、1年ほど利用した結果は満足できるものではありませんでした。

    決して私が利用していた結婚相談所が悪いということではないと思いますが、個人的に思ったことは「候補者が少ない」ということです。

    尤も、時期や入会する場所によってはその不満はすべて解消できる可能性があるでしょうが、私はより多くの候補者と巡り合うことを求めて大阪に進出しました。

    幸い、大阪に住んでいる友人も結婚相談所を利用したことがあったので、その話を参考にしながら入会する場所を決めました。

    コストのかかることなので慎重に選んだつもりですが、個人個人で重視する部分も違うでしょうし求めるものも違っているので、友人とは違った場所に入会することにしました。

    地元で連絡を待ちながら過ごしていると、入会してからすぐに案内をもらいました。

    内容は「お見合いパーティー」ということでしたが、前回も多くの参加者が居たということだったので参加してみることにしました。

    当日、開催場所に行くと多くの参加者が居ました。

    以前に私が地元で開催されるものに参加した時には30名ほどの女性が参加していましたが、今回は50~60名は参加している様でした。

    そもそもの目的が「より多くの候補者と出会える機会を得たい」というものでしたので、まずはこの希望をクリアすることが出来てほっとしました。

    そこでは住んでいる場所が違うという理由などもあってパートナーを見つけることは出来ませんでしたが、仲良くなった人が数名いてその関係で何人かの女性を紹介してもらうことが出来ました。

    結局、地元からほど近い場所に住んでいる女性といい感じになることが出来たのですが、「利用者の数」は重要だと思う経験でした。

  • 私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば・・・

    私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば強制的に結婚相談所に入会させられました。

    入会金および年会費はすべて両親が負担してくれたのを記憶しています。

    社名はあえてふせますが、業界ではそこそこ名前が通っており、払った金額はそれほどリーズナブルではありませんでした。

    半月に2枚~3枚の写真と簡単なプロフィールが送られ、気に入った相手と相談所で面会、そこからデートに出かけるといったシステムになっていました。

    デートはどこに行ってもよいのですが、私は大阪都内の赤坂プリンスホテルをよく使っていました。

    初対面ですから、どこかに遠出するよりも、ランチをしたりお茶とケーキなどで済ますことが多かったです。

    その時に、面会料として1回につき5,000円を支払うシステムでした。

    親を安心させるため、月に2回、土曜日に女性と会うのが私の仕事のようなものでした。

    これは完全に親孝行の一環なんだという割切り感のもとでの行動です。

    さまざまな職種の女性と会いました。

    デパートに勤務する方、歯科助手をされていた方、商社に勤務されていた方、バスガイドをされていた方もいたのを覚えています。

    1年間、人生修行のような感覚で女性とお会いしました。

    しかし、自分にピンと来る女性は残念ながらひとりもいませんでした。

    2度目、3度目のデートをした女性は数名いました。

    でも、そこから先にはすすみませんでした。

    当時、私は、大阪に好きな女性を残して大阪に赴任していました。

    その女性とは別れた形ではありましたが、心の奥底で忘れられない何かがあったのです。

    その女性とは、3年間、毎日のように会い、土日の時間も割いて社交ダンスの練習に明け暮れる日々をすごしていました。

    けんかもすれば心のそこから喜び、大切な二人だけの時間を共有していたのです。

    1年を通して自分が感じたことは、本当に心を開放してありのままの「素」の自分を見せ合った女性でなければ、長くは続かないということでした。

    そのことに気づいた私は、大阪へ向かう新幹線に飛び乗り、その女性のもとへ向かっていました。

    今は、その女性が私の妻であり、二人の子供もいます。

  • 仕事は順調にいっていましたが、なかなか良い男性との出会いが・・・

    仕事は順調にいっていましたが、なかなか良い男性との出会いがありませんでした。

    女性ばかりの職場ということもあり、職場では出会いは難しいなと思っていました。

    それでも、友人に誘われれば合コンにも積極的に参加はしました。

    のう、彼女がいたりと格好の良い男性にはもう相手がいるというのがほとんどでした。

    結婚したら仕事を辞めたいと思っているので、男性の年収も多いほうが良いと思っています。

    ですが、自分の希望通りの出会いはなく時間だけが過ぎてしまいました。

    このままでは、女性として見られなくなってしまうという焦りもありました。

    合コンでは、やはり若い子の方がチヤホヤされています。

    思い切って、大阪の結婚相談所の中から資料請求して自分に合ったところを探してみようと決め行動しました。

    初めは、結婚相談所のイメージが暗くあまり良く無い印象でしたが全く違ったものでした。

    明るくて、自分の希望する職業の人にも出会える婚活パーティーがあり参加してみたいと思うようになり登録をしました。

    合コンや飲み会では、思うように出会えないという現実にぶつかっていたので結婚相談所に登録したことは私にとって希望でした。

    婚活パーティーに参加してみると、結婚に積極的な男性ばかりなので話しやすいというのがありました。

    話しにくいことですが、婚活パーティーという場なので他の女性も積極的にアピールをしていました。

    私も負けてはならないと思い、この人だと思った男性には自分から話しかけて少しでも良い印象を残しておくことに必死でした。

    少しでも目立つように、派手にならない程度に印象のある洋服や小物を持つようにしました。

    年収も自分が納得するまで妥協しないで理想の相手を探していくと、ピッタリの男性に出会うことができたのです。

    周囲の幸せを喜べない時期もありいろんな苦労もありました。

    結婚相談所に登録したことで人生が変わり、全てはこの出会いの為かと思うと今は幸せな気持ちでいっぱいです。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP