60歳になって定年退職して、働いている時は仕事一辺倒で妻と・・・

60歳になって定年退職して、働いている時は仕事一辺倒で妻とゆっくり旅行に行けなかったので、これからは一緒に旅行しようと考えてました。

だけど、私が定年する1年前に妻は大腸がんを患い、半年間の闘病の末無くなりました。

定年後、妻がいない寂しさから、自宅で3年間ぐらい引きこもって、寂しい老後を過ごしてました。

そんなある日、TVの情報番組で高齢者向けの大阪の結婚相談所が主催する高齢者向けの婚活イベントがある事を知って興味を持ちました。

ネット検索すると高齢者向けの婚活イベントをやっている大阪の結婚相談所がいくつかあって、説明会を毎週開いているので、話だけ聞いてみようと思って申し込みました。

説明会の会場に行くと、50代から80代までの男女がかなり広いホールに満席で座ってました。

結婚相談所の説明を一通りした後に、実際にどんな高齢者向けの婚活イベントがあるのかをプロジェクターを使って説明してくれました。

ハイキングや、紅葉狩りや、ゴルフや、カラオケ、囲碁、将棋、麻雀など楽しそうなイベントが一杯あって、やってみようかなと決断して、説明会の後に入会しました。

入会して、1週間経った頃に、おすすめのイベントがピンクでマーキングされた資料が送られてきました。

会社の付き合いで、カラオケをやる機会が多かったので、カラオケのお見合いイベントがあったので、取り敢えず参加してみました。

イベント当日に開催場所に行ってみると、大きめのカラオケバーを貸し切っていて、男女3人ずつでペアになって、ブースに入ってカラオケを歌いながら、楽しく女性と語らえました。

得意の歌を歌うと、みんな手拍子をしてくれて、気分よく歌えました。

その後一緒に歌ったメンバーとランチを食べて、メール交換でカラオケ友達が6人できました。

カラオケデートを繰り返しているうちに、そのメンバーの一人と彼女になって、自宅で二人でカラオケを楽しむようになりました。

結婚に直結するか解りませんが、大阪の結婚式場が主催する高齢者向けのお見合いイベントは、出会いの場としてはかなり有効だと思いました。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 学生の時からずっと大阪で一人暮らしをしていて、ほとんど異性・・・

    学生の時からずっと大阪で一人暮らしをしていて、ほとんど異性との交流もありませんでした。

    25歳を過ぎた頃から、田舎にいる実家の母親から、「そろそろ真剣に結婚のことを考えなさい」と事あるごとに言われており、たまに帰省すると「地元の人ならいい人がいるから、仕事をやめて帰ってきなさい」と言われていました。

    しかし、その当時は仕事も好調でしたし、結婚したいと思うような人も回りにいなかったので、「うるさいなあ」くらいに思っていました。

    しかし、30歳を過ぎて職場の女性がほとんど結婚してやめてしまうと、急にさみしくなってしまいました。

    その頃ちょうど母親が病気になったこともあって、「結婚して母親を安心させてあげたい」という気持ちと、「一緒に人生を歩んでいく人が欲しい」と切実に思うようになりました。

    しかし、私の性格では、今話題になっている婚活パーティーに一人で出席しようという勇気はありませんし、ネットで婚活もこわくてできません。

    できれば、昔ながらの結婚相談所がいいのではないかと考えました。

    けれど、私の持っていた結婚相談所のイメージは、一軒家に相談に行って、登録している数人の男性のアルバムを見せてもらって、その中から選ぶといったものでした。

    安心できていいことは確かですが、登録している人が少ない相談所の場合、高いお金を払って登録しても、良い人に出会える可能性が低くなるのではないかと心配になりました。

    しかし、ネットでいろいろ調べて見ると、小規模や個人で行っている結婚相談所であっても、ブライダル連盟などに入っていれば、数万人単位の登録者から選ぶことができるということがわかりました。

    早速こじんまりとした結婚相談所に相談に行って、入会しました。

    身元をしっかりさせてからでないと入会できないため、その点でもとても安心できました。

    お相手は、本当に全国いろいろな地域の方から選ぶ事ができるシステムになっていました。

    私は、同じ大阪に住んでいて、同じ趣味の方に運よく出会うことができて、カウンセラーの方に支えてもらいながら、なんとかゴールインできました。

    本当に親身になっていただいて感謝しています。

  • 20代の頃は独身の友人が沢山いたので、結婚についてはまだ先・・・

    20代の頃は独身の友人が沢山いたので、結婚についてはまだ先でいいと焦りを感じることはありませんでした。

    しかし30歳を過ぎてから、連続して結婚式に招待されるようになったり、出産したという報告を受けるうちに焦りを少しずつ感じるようになりました。

    それに周囲からの女としての扱いにも変化がみられるようになったので、そろそろ自分も結婚して身を固めようかという気になりました。

    しかしこれからの時代は安定した生活をするには金銭的なことに関してもシビアにならなければならないと考えているので、結婚相手にはある程度の年収があることを求めてしまいます。

    合コンなどで知り合った男性は、付き合うことはあっても結婚について深く考えていない人が多いことを経験から知っていたので、大阪にある結婚相談所に登録することにしました。

    結婚相談所に登録するには有料のためある程度お金がかかってしまいますが、その分、はっきりした年収を知ることができるので結婚相手を探すには最短のルートだと感じたからです。

    実際に結婚相談所に登録してからスタッフと希望する結婚相手について話し合うことによって、自分が結婚相手に求めていることをはっきりさせることができました。

    自分の希望に合わせて結婚相手の候補となる男性を探してもらい、セッティングしてもらうことができました。

    自分が気に入ってでも、相手が私のことを気に入ってくれない場合は成立しないので切なく感じることもありましたが、とにかく結婚をしたいのであれば積極的に行動することが大事で細かいことは気にしないほうがいいとスタッフからアドバイスをされたので、前向きに頑張ることにしました。

    結婚相談所に登録したことによって、スタッフという強い味方ができたことはとても満足しています。

    結婚はデリケートな問題なので友人に相談できないこともありましたから、スタッフには何でも相談できるというのが魅力でした。

    何人かの男性と顔を合わせて会話をし、その中から話がまとまったので友人としてお付き合いをはじめることになりました。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP