結婚相談所innocent(イノセント)

大阪の結婚相談所 住所:大阪府高槻市芥川町2-14-20 ハウスネットビル3F
電話番号:08061773842
ホームページURL:http://innocent-bridal.com/
連盟:IBJ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 合コンにいって素敵な人と出会えたと思っていたのですが、その・・・

    合コンにいって素敵な人と出会えたと思っていたのですが、その人はまさかの既婚者でした。

    かなりショックで、どうしたらいいのかわかりませんでした。

    新しい出会いの場にいくのも怖くなってしまいました。

    でも私もすでに30代前半ですし、結婚をするなら今しかないという気持ちもありました。

    そんな気持ちを友達に話していたら、友達が、大阪の結婚相談所に入会をしてみたらいいと教えてくれました。

    大阪には人気で評判の高い結婚相談所がかなりあります。

    また、結婚相談所であれば、絶対に既婚者がまじっていることはないので、安心して出会いを求めることができる、教えてくれました。

    私はその友達の話を聞き、たしかにそうだなと思いました。

    結婚相談所であれば、絶対に既婚者がまじっている心配はないので、安心して出会い探しができると思いました。

    そしてすぐに、大阪の結婚相談所に入会を決めました。

    結婚相談所に入会をしたら、結婚相談所に入会をしている人しか参加ができない婚活パーティーがかなり多く開催されていることがわかりました。

    私はまず婚活パーティーに参加をしてみようと決めました。

    絶対に既婚者はいないですし、きっと安心して出会いを探すことができるはず、と思いました。

    いってみると、男性も女性もみんなかなり真剣に結婚相手を探しているのがわかりました。

    みんな本当に真剣そのものでした。

    私に話しかけてくれる男性もみんな真面目で安心感がありました。

    収入がかなり高い人も多かったです。

    結婚をしたら専業主婦になってほしい、といってきてくれる男性もいました。

    いろいろな男性と婚活パーティーでは会話をしました。

    そこで、かなり意気投合できる男性と出会うことができました。

    その男性は、私と同い年でした。

    年齢が同じということもあり、かなり会話が盛り上がりました。

    婚活パーティーの最後にその人から告白されてカップルになり、数か月後には結婚しました。

    幸せで仕方がありません。

  • 私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば・・・

    私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば強制的に結婚相談所に入会させられました。

    入会金および年会費はすべて両親が負担してくれたのを記憶しています。

    社名はあえてふせますが、業界ではそこそこ名前が通っており、払った金額はそれほどリーズナブルではありませんでした。

    半月に2枚~3枚の写真と簡単なプロフィールが送られ、気に入った相手と相談所で面会、そこからデートに出かけるといったシステムになっていました。

    デートはどこに行ってもよいのですが、私は大阪都内の赤坂プリンスホテルをよく使っていました。

    初対面ですから、どこかに遠出するよりも、ランチをしたりお茶とケーキなどで済ますことが多かったです。

    その時に、面会料として1回につき5,000円を支払うシステムでした。

    親を安心させるため、月に2回、土曜日に女性と会うのが私の仕事のようなものでした。

    これは完全に親孝行の一環なんだという割切り感のもとでの行動です。

    さまざまな職種の女性と会いました。

    デパートに勤務する方、歯科助手をされていた方、商社に勤務されていた方、バスガイドをされていた方もいたのを覚えています。

    1年間、人生修行のような感覚で女性とお会いしました。

    しかし、自分にピンと来る女性は残念ながらひとりもいませんでした。

    2度目、3度目のデートをした女性は数名いました。

    でも、そこから先にはすすみませんでした。

    当時、私は、大阪に好きな女性を残して大阪に赴任していました。

    その女性とは別れた形ではありましたが、心の奥底で忘れられない何かがあったのです。

    その女性とは、3年間、毎日のように会い、土日の時間も割いて社交ダンスの練習に明け暮れる日々をすごしていました。

    けんかもすれば心のそこから喜び、大切な二人だけの時間を共有していたのです。

    1年を通して自分が感じたことは、本当に心を開放してありのままの「素」の自分を見せ合った女性でなければ、長くは続かないということでした。

    そのことに気づいた私は、大阪へ向かう新幹線に飛び乗り、その女性のもとへ向かっていました。

    今は、その女性が私の妻であり、二人の子供もいます。

  • 30歳になったときに、このままでは一人でいることになるかも・・・

    30歳になったときに、このままでは一人でいることになるかもしれないという思いや友達が次々結婚をしていく焦りなどが重なって、かなり気持ちとして落ちている時期がありました。

    どうにかしたいという気持ちもあったのです。

    私自身、見た目にも条件面でも悪いところはないと思ってはいたのですが、もうすでに相手がいるように思われることが多く、自分に合った相手に巡り合う機会がなかったのです。

    そこで、雑誌やインターネット、テレビや新聞などで宣伝をしていた全国区の結婚相談所を利用することにしたのです。

    出会いがたくさんあるということも期待していたのですが、結婚歴もない私にはいろいろな話がきました。

    近くの人もいれば、遠くの人もいました。

    もともと理系であって大阪都内の有名な女子大の出身であった私は相手に求めるものとして、理系の人で自分よりも学歴などでも優れている人が良かったのです。

    できることなら、医者などを希望していました。

    相談員の人から総合病院の医者の方が登録をしているという話があったので、少し期待をしていたのですが、お会いすることができませんでした。

    なかなか思うようにはいかないものだと実感しました。

    ほかにもいろいろな方に会うことができました。

    自宅まで来られるのは嫌だったので、自分の家から少し離れた駅付近の店舗などでお茶をしながら1時間くらい話をするというのがお決まりのスタイルでした。

    中には他県から来てくださる方もいたりしたことから、そういった方には少しお菓子などを持ち帰ってもらったりして対応をしていました。

    最終的には20人ほどの男性と会って話をしたりしました。

    ドライブに行ったりして、複数回も会ったりした人もいました。

    しかし、一緒に生活をするということがイメージできる人がいなくて、結局成婚することができませんでした。

    今は30代後半ですが、このまま1人かもしれないと思うことがあります。

    最近は友達からの紹介というのも少なくなりました。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP