結婚をしたいという気持ちがあるのに、いい出会いがないまま結・・・

結婚をしたいという気持ちがあるのに、いい出会いがないまま結局30歳を超えてしまっていました。

気が付いたら、私の周りの友達はどんどん結婚をしていっていました。

そして、結婚をしていない友達は私のほかにはあと一人という状況になっていました。

彼氏がほしくて合コンにいったりしていたのですが、なかなかいい出会いをすることができず、結局悲しい気持ちになって帰ってくることも多かったです。

そんなことを友達に話していたら、合コンに行くのではなく、大阪の結婚相談所に入会をするのが一番だよ、と教えてもらいました。

たしかに合コンとかよりも、大阪の結婚相談所の方が素敵な出会いをすることができそうだし、真面目で本気で結婚を考えてくれる人と出会うことができそう、と思いました。

大阪の結婚相談所には、既婚者なども絶対にまじっていないし、安心して出会いを探せる、とも思いました
そこで私は、すぐに結婚相談所に入会をしました。

結婚相談所に入会をして思ったのは、スタッフがものすごく親切ということです。

スタッフがかなり親切だったので、安心していろいろと相談ができました。

私がどんな人と出会いたいと思っているのかとか、異性と会話をするのがあまり得意ではないということなど、いろいろと話しました。

スタッフは、私の話をきちんと聞いてくれて、私に協力をするから本気で結婚相手を探そうね、と優しくいってくれました。

いろいろな人とお見合いもセッティングしてもらいました。

お見合いをするときのアドバイスもいろいろといってくれたので、安心してお見合いができ、かなり最高でした。

私はとても気が合う人と出会うことができました。

お見合いをしたことで、本当に自分と気が合う人を見つけることができたので、よかったと思っています。

今はかなり幸せです。

気が合う男性と結婚をすることができ、子供にもめぐまれました。

結婚相談所を利用してよかったと思う毎日です。

入会してよかったです。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 私は昔からあまり結婚願望がなく、自分が結婚をして新しい家庭・・・

    私は昔からあまり結婚願望がなく、自分が結婚をして新しい家庭を持っていることを全くイメージすることができませんでした。

    しかし30歳を過ぎてから、このままで良いのかと次第に焦るようになりました。

    周りの友人たちはすでに結婚をして子供を持っている人が多く、独身の友人が少なくなってしまったことも焦り始めた原因かもしれません。

    今の仕事はとてもやりがいがあり、同時に重い責任を感じています。

    プロジェクトチームのリーダーを任されたことで、日々の生活は仕事中心になっています。

    社内での出会いは期待できず、今のように家と会社の往復の毎日では新しい出会いもありません。

    徐々に焦る気持ちがつのり、結婚相談所へ入会することを視野に入れ始めました。

    しかし私は結婚相談所に対して、結婚をしたいけどそれが叶わない人たちが集まる場所のように感じていました。

    結婚に対して焦っている人たちの場所で、あまり良いイメージを持っていなかったことは事実でした。

    そこで、まずは自宅から近い場所にある大阪の結婚相談所を見つけ、カウンセリングを受けることにしました。

    いろいろ話を聞いてみて、もし自分に合わないようであれば入会を見送ろうと気楽に考えていました。

    実際にカウンセリングを受けてみると、私が思っていたような場所ではないことがわかりました。

    もっと気楽に構えて、たくさんの人たちと出会うことができる場所だと感じました。

    その中から、本当に自分に合う人を見つけることができれば、そして結婚へとつながることができたらそれは運命なのではないかとも感じました。

    自分の視野を広げるという意味も込めて、私はカウンセリングを受けた結婚相談所へ入会することにしました。

    担当してくれたスタッフの方がとても親切で、その方の印象が良かったことも結婚相談所に対するイメージが変わった理由かもしれません。

    今まだは入会してから3ヶ月ほどですが、これからの素敵な出会いに期待しています。

  • わたしは30代の女性です。 もともとは・・・

    わたしは30代の女性です。

    もともとはあまり結婚願望は強くありませんでしたし、周りの友人たちも、
    大阪に実家があって、大阪の会社に勤めているかぎり、便利だしまだまだ平気と、
    言い合っていたので、つい最近まで危機感がありませんでした。

    ところが、一昨年、去年と、都内の友達がぞくぞくと結婚したので、自分の甘さを
    思い知り、悩みましたが、子供が欲しいこともあり、結婚相談所におもむきました。

    自分の甘さを知ったというのは、10年来の友達たちは、実はしっかり婚活のようなことをしていたのに、
    言葉を額面通り受け取って、わたしはなにもしていなかったことと、子供が作りにくくなる年齢に
    ついて、きちんと考えないまま、30代になってしまったことです。

    一昨年、去年と結婚した女友達たちが授かり婚立ったこともあり、着実に家庭を築く様を見せられると、
    急に焦燥感が出てきました。

    そのことを、相談所の相談員さんにひととおり話したら、まずは味方になってくれ、そういう人は
    多いからと言ってくれました。

    友達や親はそうは言ってくれないので、とても嬉しかったです。

    そのあとで、いっしょに、わたしの感覚や考え方の問題点を話し合ってアドバイスしてくださり、
    現実的な婚活に乗り出すことができました。

    それまでは、きちんと現実味のある方との暮らしというより、たのしい恋愛を求めるような行動をとって
    いたんだと、初めて客観的に理解することができました。

    結婚や出会いには、ついむだにロマンを無意識に求めていたりするので、冷静な第三者がくれるアドバイスというのは、
    とてもありがたいと感じています。

    相談所からデートに発展しても、友達なら、つい女どうしの嫉妬などで余計なことを言ってきたりもしますが、
    結婚相談所の相談員なら、そういうこともありませんから、助かります。

    相談所に登録して、通うようになってから、友達も大切だけど、友達だから言ってくれないこと、やってくれない
    ことを、相談所は手助けしてくれるのだなと感じています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP