結婚に対してあまり意識したことがなく、そのうちできれば良い・・・

結婚に対してあまり意識したことがなく、そのうちできれば良いなと思っていたしできて当たり前だと思いながら生活していました。

でも、三十歳になる一歩手前にもかかわらず恋人もいなかったので、まずいかなと思い友人に合コンをセッティングしてもらったりして出会いの場は作っていました。

でも、なかなかこの人だというような相手には出会うことはできなかったし、良いなと思っても相手が結婚に対してあまり意識していない人だったりで、半年ほど恋人探しは自分でしていましたが無駄に終わってしまっていました。

そんな時に知人に勧められたのが結婚相談所でした。

結婚相談所に対して、あまり良いイメージはもっていなかったし最終手段である程度年齢を重ねた人が行く場所だと思っていたので抵抗はあり、とりあえず結婚相談所の資料を取り寄せてみることにしました。

たくさんの資料がありましたが、どれをみても今まで結婚相談所に対して抱いていたようなイメージの内容ではなく、とても気軽に始められそうだなという印象を受けました。

その中から、大阪でも有名で登録している人も多い結婚相談所を選び、実際に相談しに行ってみることに決めました。

とてもドキドキしましたが、スタッフの人もみんなとても親切で結婚に対してどのように考えていて、どんな人が良いのかということも聞いてもらえて、これなら本当に結婚に繋がりそうだなと感じたので登録することを決めました。

それからはトントン拍子といった感じで、自分の好みに合う人を紹介してもらえて、その中の一人と今では結婚することを前提としてお付き合いをしています。

結婚前提で付き合うことになったのも、相談所にお互い登録していて結婚を意識していることが互いに明らかだったからだし、結婚相談所に行ってみて本当に良かったなと思っています。

あまり、たくさんの人とは会いませんでしたが、半年も経たない間に良い相手が見つかったので嬉しい限りです。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • これまで結婚したいと考えた女性はいたのですがことごとくその・・・

    これまで結婚したいと考えた女性はいたのですがことごとくその機会を失い、今では自分もすっかり30代も半ばを迎えてしまいました。

    気がつくと5年ほど彼女はおらず、年齢のせいか会社での責任ばかりが重くなって休日も外出するのが面倒臭く一人で過ごすスタイルが楽に思えるようになってきました。

    そんな状態を客観視した時、やっぱりこれではいけないと思い、新たな出会い、それも本格的な結婚に向けた出会いを模索するために結婚相談所への登録を決意したのです。

    さすが大阪の結婚相談所というだけあって、そこに登録されている会員数も実に豊富です。

    私は趣味が映画と音楽なのですが、最初のカウンセリングではそんな趣味のさらに枝分かれするようなところまで聞き込んでくれて個人情報として記録してくれます。

    こう言った細やかな情報がのちにマッチングとなって実ってくるわけです。

    私の場合、結婚相談所が主宰する婚活パーティーなどにも2、3回参加してみたものの、皆の積極的なアピールがものすごくて、逆にカウンセラーさんにお願いして一対一で相手とあってお話しする落ち着いたスタイルで臨みたいということになりました。

    相手の女性も年収や趣味、性格、年齢、学歴などの面でさまざまな要望を出し、それがこちらの希望と一致する場合にマッチングが行われるわけですが、3ヶ月の間に5人くらいの方を紹介してもらうことができ、その中の一人と意気投合。

    こちらの返事とあちらの返事が無事に合致したことによって、めでたくカップル成立ということになりました。

    しかし重要なのはここからです。

    いよいよ自由なお付き合いが得きるようになるわけですが、その中では女性の気持ちや相手の本心などがわからないことも多く、そんな時には結婚相談所のカウンセラーに率直に質問して相手の気持ちなどについて相談に乗ってもらいました。

    そんな心がけが実ったのか、それから4ヶ月ほどが経った頃に私は彼女にプロポーズをして、彼女はそれを受諾。

    私にとって生涯忘れられない記憶となりました。

    今まさに2ヶ月後に迫った披露宴の準備に大忙しですが、仕事と並行して頑張りたいです。

  • 結婚相談所を使うということをずっと親に勧められていたのです・・・

    結婚相談所を使うということをずっと親に勧められていたのですが、どうもあまり乗り気ではありませんでした。

    なぜなら、そんなところにお世話にならなくても自分で相手を探すことができると思っていたからです。

    学生のときからある程度は付き合いをする男性が途切れることなくいたこともあって、20代のうちは余裕があったのです。

    しかし、年齢が上がるにつれて、気持ちも変わるようになりました。

    すでに親に言われるようになって7~8年が経っていて、気がつくと35歳を超えていたのです。

    親戚からのお見合い話もあったりしたのですが、会ってみたところでも待ち合わせに時間に遅れてきたり、ドタキャンをされたり、あまり良い思いはしなかったのです。

    そこで思い切って35歳になるというときには結婚相談所に申し込みをしてみたのです。

    親が心配をしていて、費用は出してもらうことができました。

    本当に良い出会いがあるかどうかということも不安で、期待をあまりしていない部分もありました。

    申し込みをして、自分の紹介などを出してからはわりと話がたくさんきていたのです。

    それほど見た目には悪くはないと思っているのですが、実際にお会いすると相手の方はそのまま付き合いにつなげたいといったことを言ってきたりしていました。

    しかし、私のほうで昔付き合っていた人との比較をしてしまったりして、なかなか付き合いに発展する人がいなかったのです。

    そんなことをしているうちに8ヶ月ほどが経過してしまったのです。

    半ば諦めていたところで、少し興味深いお話がありました。

    私は大阪の女子大の出身なのですが、当時サークルなどでかかわりのあった大学の出身の方からのお話でした。

    大学のレベルなども同じ程度であり、学生時代の話をすることで意気投合したのです。

    これだけいろいろな話が合うという相手は珍しいと思うくらいでした。

    私たち二人は一緒に生きていくことを決めました。

    特にプロポーズもなかったのですが、スムーズに事が進んで今に至っています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP