私は大阪在住で、地元の結婚相談所に入会しました。・・・

私は大阪在住で、地元の結婚相談所に入会しました。

普段の生活の中で出会いが全くないので婚活の一環として入会しましたが、私が入った相談所はデータマッチングと言われる形式のところで、登録時には直接事務所に出向いてスタッフと面と向かって話しますが、それ以外はパソコンやスマホでの婚活が中心となります。

入会手続きは想像以上にしっかりとしていて、直接出向く上に身分証明や所得証明、独身証明書に卒業証明書など経歴詐称は絶対できないような厳しいチェックが成されます。

スタッフと1時間程度面談であれこれ話をして、理想の結婚相手を伝えます。

そしてその情報を元に、自分に合った条件の相手をコンピューターがピックアップして通知してくれます。

そしてその中から気に入った相手に連絡を入れて、相手も応じてくれると二人でメッセージのやり取りができるので、そこで親睦を深めていくという流れになります。

紹介こそ相談所だからこそのデータ数でされますが、その先は普通の恋愛と近い流れだと思います。

担当スタッフに相談しながら進められますが、自分のペースでしたい人は自分の意志で相手とやり取りをして進められますし、デートをするのも自由に自分の好きなタイミングで相手を誘うことが出来ます。

随時担当スタッフから「いかがですか?」のような状況確認の連絡は来ますが、こちらから相談しない限り「こうした方が良い」というアドバイスを強要されることも全くありません。

私は出会いこそないですが、相手との仲は自分のペースで深めていきたいタイプなので、このデータマッチングの形式が性に合っていたと思います。

紹介者数も多いですし、顔写真は自宅のパソコンからは見れないので、見たい場合は事務所に出向かなければいけませんが、それ以外は自分のペースで好きなタイミングで婚活を進めていくことが出来るのでストレスがありません。

また、パソコンやスマホでできるので、ちょっとした空き時間を使うことが出来るので便利です。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 子供の頃から男性が苦手で、中学校の卒業式の時に、3年間片思・・・

    子供の頃から男性が苦手で、中学校の卒業式の時に、3年間片思いしていた男子に告白して失敗してさらに苦手になりました。

    高校時代は、恋愛をしている同級生をわき目に、男に頼らない自立した女性を目指し、3年間勉強し続けたおかげで、有名大学に入学して、一流企業に就職しました。

    20代後半ぐらいになると、同期入社の女の同僚の結婚式に年に何回も招待されて、しあわせそうにしている同僚を見て、結婚したい気持ちになりました。

    独身の同僚に婚活パーティーに誘われて参加したら、会社では知り合えない異業種の男性が沢山参加していて、すごく楽しかったので、そのパーティーを主催している大阪の結婚相談所の無料の資料を請求しました。

    資料を読んで興味を持ち、週末にその大阪の結婚相談所で、説明会が開催される事を知って参加する事にしました。

    説明会の会場は満員で、様々な年齢層の男女が参加していて、自分だけじゃないという安心感が湧きました。

    婚活パーティーも毎週何回も開かれていて、マッチングによるお見合いのシステムにも魅力を感じたので、その場で入会を決めて申し込みました。

    入会後の週末の都合のいい時間に結婚相談所に行き、担当者をプロフィールや自己PRの文をいっしょに考えてPCに入力して、メークさんが化粧と髪のセットをしてくれて、ドレスアップして個室の写真スタジオでプロフィール用の写真を撮りました。

    結婚相手の理想で、ここだけは譲れない事を5つぐらい入力して、PCで検索すると100人ぐらいの男性の情報がでました。

    その中で自分の好みの顔で、性格も合いそうな男性を絞って、担当者さんにお見合いをマッチングしてもらいました。

    お見合い初回は、あがってしまい上手くいきませんでしたが、だんだんコツを掴んで、5回目のお見合い相手が今までの男性の中で一番話が合って楽しかったので、担当者に付き合いたいと伝えました。

    担当者から、相手の男性も付き合いたいと言っているので、交際する事になりました。

    8か月の交際を経て入籍して、それから半年後にしあわせな結婚式を挙げることができました。

  • 結婚相談所を使うということをずっと親に勧められていたのです・・・

    結婚相談所を使うということをずっと親に勧められていたのですが、どうもあまり乗り気ではありませんでした。

    なぜなら、そんなところにお世話にならなくても自分で相手を探すことができると思っていたからです。

    学生のときからある程度は付き合いをする男性が途切れることなくいたこともあって、20代のうちは余裕があったのです。

    しかし、年齢が上がるにつれて、気持ちも変わるようになりました。

    すでに親に言われるようになって7~8年が経っていて、気がつくと35歳を超えていたのです。

    親戚からのお見合い話もあったりしたのですが、会ってみたところでも待ち合わせに時間に遅れてきたり、ドタキャンをされたり、あまり良い思いはしなかったのです。

    そこで思い切って35歳になるというときには結婚相談所に申し込みをしてみたのです。

    親が心配をしていて、費用は出してもらうことができました。

    本当に良い出会いがあるかどうかということも不安で、期待をあまりしていない部分もありました。

    申し込みをして、自分の紹介などを出してからはわりと話がたくさんきていたのです。

    それほど見た目には悪くはないと思っているのですが、実際にお会いすると相手の方はそのまま付き合いにつなげたいといったことを言ってきたりしていました。

    しかし、私のほうで昔付き合っていた人との比較をしてしまったりして、なかなか付き合いに発展する人がいなかったのです。

    そんなことをしているうちに8ヶ月ほどが経過してしまったのです。

    半ば諦めていたところで、少し興味深いお話がありました。

    私は大阪の女子大の出身なのですが、当時サークルなどでかかわりのあった大学の出身の方からのお話でした。

    大学のレベルなども同じ程度であり、学生時代の話をすることで意気投合したのです。

    これだけいろいろな話が合うという相手は珍しいと思うくらいでした。

    私たち二人は一緒に生きていくことを決めました。

    特にプロポーズもなかったのですが、スムーズに事が進んで今に至っています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP