小学校だけ共学で、女子中学校、女子高、女子大に通ったので、・・・

小学校だけ共学で、女子中学校、女子高、女子大に通ったので、学生時代には男性とほとんど会う機会が無くて、彼氏がいませんでした。

女子大を卒業して、OLとして入社してから仕事が楽しかった事もあり、男性に付き合って欲しいと告白されても、仕事が忙しいから恋愛できないと断り続けました。

仕事に専念した結果として、会社で重要なポストについて責任のある仕事をしているうちに、気付いた時には30歳を過ぎていて、周りの女性同僚のほとんどが結婚していて、自分だけ取り残されてました。

仕事では自信があったので、恋愛なんて簡単だと思って、合コンや街コンに参加して彼氏を探し始めましたが、男性の参加者のほとんどが年下で、頼りない男性ばかりだったので、10回以上参加しても彼氏はできませんでした。

このままでは結婚相手どころか、彼氏もできなくて寂しい老後を迎える事になると悲観していた時に、同僚から大阪の結婚相談所をすすめられました。

始めは結婚相談所に通うのに抵抗がありましたが、ネットやブログで口コミを調べているうちに、自分向きだと思って興味を持って、利用する事にしました。

同僚にすすめられた大阪の結婚相談所に入会すると、郵送でプロフィールと自己PRと理想の結婚相手記入する用紙が送られてきました。

自己PRに始めは何を書けばいいのか解りませんでしたが、担当者が手書きで書いてくれた書き方の手引きがあって、かなり楽に記入できました。

理想の結婚相手には、自分の年齢に近い頼りがいのある男性と書いて提出しました。

1週間後に、マッチングした結婚相手の顔写真入りのプロフィール資料は、10人分送られてきました。

自分の好みの男性がいたので、担当者に連絡して、お見合いをセッティングしてもらいました。

実際にお見合いすると、自分が思っていた理想の男性像の通りで、話も合ったので、お見合い後に担当者にお付き合いしたいと伝えました。

相手の男性も気に入ってくれたので、付き合う事になり、10か月間の恋愛を経た後に入籍しました。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪の結婚相談所で婚活しています。 登・・・

    大阪の結婚相談所で婚活しています。

    登録してから1年近くが経つのですが、なかなか良い出会いに恵まれていません。

    というのは、私が登録しているデータマッチング型の結婚相談所は想像以上に紹介が沢山あります。

    条件がマッチした人を通知してくれるので、その中から自分で選んでコンタクトを取るのですが、次から次に条件にマッチした人が通知されてくるので、正直えり好みしてしまうのです。

    「もっといい人が出てくるかも」と思うと1人に絞ることが出来なくて、やり取りをしていても別の人に目移りしてやり取りを中断してしまったりと、自分の優柔不断さが裏目に出ました。

    でも、担当者にそれを相談したところ、私みたいな人は多いと慰めてもらえました。

    紹介者が多いからといってえり好みしているとそれだけ自分も年を重ねてしまいますし、やはり女性は若い方が需要が高いということで「決め時」は大事だと教えてもらいました。

    「もっと」ではなくて、今やりとりをしているその人は結婚相手としてふさわしいか、単純にそれだけを考えた方が良い、と。

    そのような具体的なアドバイスをもらって少し目が覚めました。

    そして、私の登録する相談所は紹介だけではなくてお見合いパーティーなどのイベントも定期的に行っています。

    なので、趣向を変えてたまにはそういったイベントに参加するのも良いかもしれないと言われたので、気分転換に申し込みをしてみることにしました。

    これまではパソコンでの出会いばかりでしたが、直接面と向かって男性と出会うのは久しぶりだったので新鮮でした。

    結婚相談所がイベントを仕切ってくれるので安心感もありますし、流れもスムーズです。

    想像以上にお見合いパーティーを楽しむことが出来て、なんとそこで良い出会いもありました。

    今はそこで出会った人とメッセージツールでやり取りをしたり、今度食事に行こうと約束しているので、この出会いを大事にして、良い結果に結びついたら良いなと願っているところです。

  • 以前は結婚相談所というのは、とても抵抗がありました。・・・

    以前は結婚相談所というのは、とても抵抗がありました。

    相手が見つからない人が出入りするようなところで、あまりよい人と会うことができないのではないかという気持ちがあったからです。

    それでも35歳を過ぎると、いろいろな声もかかりにくくなってきて、改めてこういったところを利用する意味を考えるようになりました。

    贅沢なことは言っていられないという気持ちになって、少しずつ人脈だけでも広げたいということになって、調べてみることにしたのです。

    地元のフリーペーパーでも地元の相手との出会いを専用とした相談所があったりしましたし、大手の全国規模のところではいろいろな場所のいろいろな人と出会うことができるという可能性もあるところもありました。

    幸い、私は薬剤師をしているということもあって、どこに行っても仕事を続けることができるという気持ちがありました。

    私の場合では、今まで仕事に没頭してきてしまったこともあって、良い出会いに恵まれなかったのです。

    入会をしたのが、全国規模の大手の相談所で、時々宣伝をしていたり、新聞や雑誌などでも見かけることがあるところでした。

    もちろん、いろいろな都市の人とも出会うことができる可能性が高かったのです。

    大阪都内からもたくさんの話がありました。

    都内であれば、職場としてもいろいろなところがあって、転職をすることができたりすることもわかっていましたし、時給や給与などもよいというのはネットなどの情報でもわかっていました。

    ですから、大阪都内に行くことに対しては嫌な気持ちというのはなかったのです。

    私が決めた人というのは、大阪で外資系の医薬品メーカーに勤める男性でした。

    やはり同業者という意識もあったし、話もしやすかったからです。

    外資系なので、不安な面もあるのですが、それでも私が安定して仕事をすることができるので、悪くはないと思っています。

    40歳目前ですが、二人で協力をしてできれば子供を産み育てていきたいと考えています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP