ある時、私は何のために生きているのかとふと思ったことがあり・・・

ある時、私は何のために生きているのかとふと思ったことがありました。

ご飯を食べて、仕事に行き、良く働いてから家に帰ってきて眠るといった毎日の繰り返しの中で、楽しみなどがないように感じたのです。

もともとあまり趣味らしいものがなくて、休日も退屈な日々が続いていました。

テレビを見たりして、友達を話をしたり、一日中ゴロゴロしていることもあったりして、無意味に時間を過ごしていることもあったのです。

生きがいのようなものもなくて、物足りない毎日で生きている意味が見出せない時間がかなりあったのです。

男性と付き合いをしていくということも不慣れでしたし、そういったきっかけもあまりなく着てしまったところ、寂しさなどもあって、人恋しくなったりすることもありました。

そこでインターネットで出ていた結婚相談所に思い切って問い合わせをしてみたのです。

以前新聞の広告でも成婚率がよく、カップルの例などがいろいろ出ていたことを思い出し、何かメリットがあるのではないかと思っていたのです。

自宅のあるエリアで最も近い支店を紹介してもらいました。

思い立ったときに行動するのが一番いいと思ったので、すぐに行ってみることにしたのです。

相談員の方はベテランの方であって、とても親切でわかりやすく、そして今ある相手のデータなども概要も説明してくれました。

条件のよい男性が多いことに感激して、入会をしました。

すると、後日自宅に封書がきたりして、お相手のプロフィールを見ることができました。

いくつかきてもなかなか実際に会うことができる人というのは半分くらいで、あまり期待をせずに返事を待ちました。

結局、男性に会うことになったのは3人だけでした。

というか、3人目の方が今の彼だったのです。

彼に会ったときには、この人だという直感が働き、お互いに気持ちを確かめることができたのです。

少し遠距離で大阪まで行くこともあるのですが、それでも今は以前の退屈な生活から抜け出ることができたのです。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪にある結婚相談所の全てを知っている訳ではありませんが、・・・

    大阪にある結婚相談所の全てを知っている訳ではありませんが、少なくとも私の経験では「地方で婚活をするよりも、大阪に出てきて婚活をした方が良い結果に繋がりやすい」という印象を強く受けます。

    以前、私は地方で婚活をしていましたが、数年にわたって行った結果感じたことは「絶対数が少ない状況では良い結果に繋がらない」ということでした。

    もちろん、どのような環境でも良い結果になる人はいるでしょうし、だからこそ地方でも結婚相談所が営業していける訳だと思います。

    しかし、その確率が人口もしくは利用者数と言った「母数」によって左右されることは間違いないのではないでしょうか。

    地方で婚活をしている間、私は何度もパーティーに参加しました。

    色々な趣向を凝らしたイベントが開催されていたので、それ自体の面白みがあったことは確かですが「参加してみると数名しか参加者が居ない状態」になることが何度かありました。

    せっかく期待して婚活イベントに参加しても参加者自体が少ないのでは、正直な話「選択の余地なし」となってしまいます。

    もし、少人数のイベントに「気に入った相手」が居た場合は良いのですが、逆の状況だった場合にはほとんど何のためにそこにいるのか分からなくなってしまいます。

    しかし、母数が大きくなれば参加者が極端に少ない状況が少なくなります。

    全く無駄な瞬間と言うのは無いにしても、場合によっては「参加者4名だけ」と言ったイベントが開催されるような状況はほとんどなくすことが出来ます。

    イベントの内容が何であってもそれほど問題ではなく、要は「どの程度の参加者がいるのか」と言うことに尽きます。

    絶対数が多ければ理想の相手に出会えるチャンスが増え、さらにイベント一回当たりの成功確率も高くなりますから、そういった意味で私は地方の活気の少ない結婚相談所ではなく大阪の結婚相談所を利用したわけです。

    その結果、多少時間はかかりましたが非常に良い相手と出会うことが出来たので満足しています。

  • 私は大阪都内で、歯科医をしている30歳代の女性です。・・・

    私は大阪都内で、歯科医をしている30歳代の女性です。

    大阪の大学を出た後、しばらくは都内の歯科クリニックを転々としていたのですが、35歳の時に独立し、ようやく経営も安定してきたところです。

    20歳代の時には、とにかく自分の歯科クリニックを持ちたい一心でしたから、特定の恋人を作ることもなく、がむしゃらに仕事をするだけの毎日でした。

    ところが、私の同期の歯科医は、ほとんど結婚してしまい、私の歯科クリニックで働く歯科衛生士も次々と結婚していくので、焦っていました。

    そこで、都内で開かれるお見合いパーティなどに参加したこともあるのですが、私が歯科クリニックを経営していると話すと、何となく敬遠されてしまうのです。

    同期の男性歯科医に相談すると、女性経営者と聞くと、一般男性は気後れしてしまうので、本気で結婚を考えるなら結婚相談所に入会する方が効率的だと言われました。

    私は当初抵抗感はあったものの、結婚相談所に入会することにしました。

    ちょうど、患者さんに結婚相談所に努めている人がいましたので、その方にお願いしてシステムの内容を説明していただきました。

    入会して1週間も経たないうちに、1人目の男性を紹介していただきました、私と同い年で都内のサラリーマンでしたが、野球が好きという趣味が一致してましたので、意気投合するまでに時間はかかりませんでした。

    その人は、私を経営者としてではなく、女性として接してくれるので、楽にお付き合いできますし、そろそろプロポーズしてくれないかなと思っています。

    結婚相談所には、様々な経歴や職業の方が集まる場所です。

    しかも、双方が理想とするパートナーをたくさんの項目からマッチングして探し出してくれますから、お付き合いを始めた後に後悔する確率が極めて低いと感じます。

    特に私のように、若い時期に仕事ばかりしていて、30歳代後半を迎えた女性にとって、時間的な余裕はあまりありませんから、結婚相談所のサービス内容はとても有益なものだと思います。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP