40歳になるまで独身ですごしてきました。・・・

40歳になるまで独身ですごしてきました。

大阪の実家に住んでおり洗濯や食事などは母親がしてくれていたのでそれほど困ったという経験もなく、なんとなくこの年になってしまったという感じです。

これまでつきあった女性も多少はいましたが、そんなに結婚したいという気持ちになれなかったですし、相手も特に理由はわからず自然と離れていってしまいました。

ですがこれまではそれほど焦るような気持ちはなく、淡々と仕事と家との往復で暮してきました。

ですが最近になって、急に結婚したいと思うようになったのです。

いつまでも親も元気というわけではありませんし、孫の顔を見せたいという気持ちもありました。

ですがないより自分自身が今のままの生活が続くのが耐えられなくなってきたのです。

だれかと幸せな家族を築いていきたい、そんな思いが日に日に強くなっていくのを感じました。

ですが、この年になって今更だれか紹介してくれというのも気が引けてできませんでした。

もっと積極的に行動しようと思ってももともとがそういうタイプではないので、何から始めたらいいのかわかりませんでした。

それでいっそ専門機関に任せたほうがよいのではないかと考えて結婚相談所に登録することにしたのです。

結婚相談所ではきちんと指南してくれるアドバイザーがおり、髪形やファッション、話し方などまで、相手の女性に好感を持ってもらえるように細やかに教えてくれました。

これまでそういったことは意識したことがなかったので、とても新鮮でした。

話下手であっても饒舌よりもむしろ女性に好感を持ってもらえることが多いので引け目を感じることはありませんといってくれました。

その後何人かの女性を紹介してもらいましたが、どの人も自分の好みでかわいらしい人ばかりでした。

容姿なども含め自分の希望に沿った相手をきちんとピックアップしてくれていました。

その後すごく素敵な女性と知り合い、自分のほうから積極的にアプローチし結婚が決まりました。

こんな素敵な人に出会えるなんて結婚相談所に思い切って登録してよかったです。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば・・・

    私が29歳のとき、弟が先に結婚したこともあり、両親から半ば強制的に結婚相談所に入会させられました。

    入会金および年会費はすべて両親が負担してくれたのを記憶しています。

    社名はあえてふせますが、業界ではそこそこ名前が通っており、払った金額はそれほどリーズナブルではありませんでした。

    半月に2枚~3枚の写真と簡単なプロフィールが送られ、気に入った相手と相談所で面会、そこからデートに出かけるといったシステムになっていました。

    デートはどこに行ってもよいのですが、私は大阪都内の赤坂プリンスホテルをよく使っていました。

    初対面ですから、どこかに遠出するよりも、ランチをしたりお茶とケーキなどで済ますことが多かったです。

    その時に、面会料として1回につき5,000円を支払うシステムでした。

    親を安心させるため、月に2回、土曜日に女性と会うのが私の仕事のようなものでした。

    これは完全に親孝行の一環なんだという割切り感のもとでの行動です。

    さまざまな職種の女性と会いました。

    デパートに勤務する方、歯科助手をされていた方、商社に勤務されていた方、バスガイドをされていた方もいたのを覚えています。

    1年間、人生修行のような感覚で女性とお会いしました。

    しかし、自分にピンと来る女性は残念ながらひとりもいませんでした。

    2度目、3度目のデートをした女性は数名いました。

    でも、そこから先にはすすみませんでした。

    当時、私は、大阪に好きな女性を残して大阪に赴任していました。

    その女性とは別れた形ではありましたが、心の奥底で忘れられない何かがあったのです。

    その女性とは、3年間、毎日のように会い、土日の時間も割いて社交ダンスの練習に明け暮れる日々をすごしていました。

    けんかもすれば心のそこから喜び、大切な二人だけの時間を共有していたのです。

    1年を通して自分が感じたことは、本当に心を開放してありのままの「素」の自分を見せ合った女性でなければ、長くは続かないということでした。

    そのことに気づいた私は、大阪へ向かう新幹線に飛び乗り、その女性のもとへ向かっていました。

    今は、その女性が私の妻であり、二人の子供もいます。

  • 私は大阪都内で小さな運送会社を経営している30歳代前半の男・・・

    私は大阪都内で小さな運送会社を経営している30歳代前半の男性です。

    従業員は5人ほどの小さな会社ですが、事務員を含め男性社員ばかりですし、朝は6時から出社し、夜は22時頃まで会社に残ることも多々ありますので女性と出会うことは皆無と言っても過言ではありません。

    結婚願望は、20歳代前半から強かったのですが、出会う機会が極端に少なく、せっかく彼女ができても、将来は会社を手伝ってほしいと言うと、決まって別れ話になってしまうのです。

    一時期は出会い系サイトなどで女性を探していたこともあるのですが、そもそも出会い系サイトで結婚相手を見つけようとすること自体、無謀なチャレンジでしたので、ことごとくふられていました。

    結婚相談所の存在は、ずいぶん前から知っていましたが、自分には敷居が高いと感じていて、自分が入会することなど考えても見ませんでした。

    しかしながら、このままでは何時までも結婚相手など見つからないと思い、一念発起して結婚相談所を訪ねることにしたのです。

    結婚相談所を訪ねて、一番驚いたのが、そのアットホームな雰囲気です。

    私は、非常に入りにくいイメージを持っていたのですが、受付にしてもカウンセラーにしても、非常に気さくで明るい雰囲気が印象的でした。

    私は、その場で入会を決め、お相手に求める条件など50項目以上のプロフィールシートを作成し帰宅することになりました。

    大阪の結婚相談所に入会して3か月が経過するころに、現在の彼女に出会いました。

    現在は都内でOLをしていますが、結婚後は私の会社を手伝ってもいいと言ってくれています。

    結婚相談所のメリットは、相手に求める条件に合致した人しか紹介しないため、結婚に至る可能性が極めて高くなることです。

    私のように、どうしても外したくない条件があるなら、事前に登録しておくことで、付き合い始めた後に、そのことが原因で別れることはありません。

    男女の出会いの場が少なくなる中で、こういった結婚相談所のサービスはますます需要が伸びることが予想されます。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP