30代後半に差し掛かって、両親からお見合いをしたらとかまだ・・・

30代後半に差し掛かって、両親からお見合いをしたらとかまだ結婚をしないのと言われるのが面倒に感じていました。

結婚した同級生に会うと、若くないんだから早く子供を産まないとだよと言われると胸が痛く辛い思いをします。

自分で一番気にしていることを言われるのが、本当に辛く傷つき一人で落ち込んでしまいます。

職場の同僚が結婚相談所に登録したというのを聞いて、興味津々で詳しく話を聞くことにしました。

いろんな結婚相談所の存在は知っていましたが、婚活パーティーなど同じ趣味の人同士の出会いもあることは知りませんでした。

私は、山登りが趣味なのでもし出会うなら山登りを一緒にできる相手が良いなと思っていました。

ですが、飲み会や合コンに参加しても山登りが趣味という人は今まで一人もいませんでした。

私も大阪にある結婚相談所に登録することにしました。

少し希望も持てて、婚活してみようという気持ちになれました。

担当になってくれた方も、話を真剣に聞いてくれて多くの男性と話してみることを提案してくれました。

山登りが趣味の人が集まった婚活パーティーに参加する機会があり、さっそく行ってきました。

趣味の話ができるので、話が盛り上がりすぎて気がついたら友達のように話せるようになっていたという感じです。

一緒に山登りに行ってみませんかという誘いもあり、そういった出会いができる婚活パーティーはありがたいと感じました。

結婚した後も趣味が一緒なら話も合って夫婦生活も上手くいきそうだと思います。

出会う時に、趣味が同じ人を探せるというのは結婚相談所のメリットだと感じました。

担当になってくれた方も、しっかりとサポートをしてくれたので安心して婚活が進められました。

結婚まであともう少しというところまできて、いろんな障害にぶつかりましたが担当の方がいてくれたおかげで乗り越えることもできました。

結婚相談所に登録したことで、出会いが広がり先の見える人生になってきたことが嬉しく思っています。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪の結婚相談所に登録しています。 ・・・

    大阪の結婚相談所に登録しています。

    私は仲介型と言われるタイプの相談所に登録しているのですが、昔からある方式というか、お見合いを斡旋してくれるような内容です。

    私に合うと思われる方を相談所の担当者が選び出してくれて、お見合いをするという流れになります。

    相手を選んでもらう前に担当者とはみっちり面談をします。

    その際に相手への希望も伝えるのですが、私は理想が高すぎたようで、この段階でうまく軌道修正されました。

    私は30代後半なのですが、相手の男性は30代で年収1000万円以上希望と出していたら、「それは厳しい」とハッキリ言われました。

    独身の友達と話しているとみんなそんな感じの条件を言うので普通だと思っていましたが、もっと世の中を知らなくてはいけないとハッキリ言われ、このぐらいにした方が良いと的確なアドバイスしてもらいました。

    私は年収以外にも色々と条件を付けていたのですが、それ全てを満たす男性はいないと言われました。

    でも、担当者と話を進めていく中で実際にはどのような結婚相手が良いのかという点と、具体的な結婚生活へのビジョンが固まってきて、結婚を現実的に考えられるようになりました。

    理想の相手が定まったところで、それに合う相手を紹介してくれてお見合いが行われます。

    お見合いといっても正式なものではなく、二人で近くの喫茶店でお茶をする程度です。

    結婚相談所の担当者が同席してくれて、一通りの自己紹介をしてくれたあと、「後はお二人で」ということになります。

    その場ではお互いに話を進めるか否かという回答はせず、後日お互いの担当者に伝えます。

    私はこの作業を4回ほどしました。

    2回は自分からお断りし、2回は相手から断れました。

    そして5回目をつい最近終えたところですが、お互いに話を進めたいということになり、今は交際に至っています。

    交際中も結婚に至るまでは相談所の担当者にあれこれ相談することができるので助かっています。

    なんとか良い結果に結びつくことを願っています。

  • 今年の6月に結婚をしました。彼女がどう・・・

    今年の6月に結婚をしました。

    彼女がどうしても6月に結婚式を挙げたいということだったので、6月に式場を予約して進めてきたのです。

    彼女との出会いは表向きは出先のレストランでたまたま出会って連絡先を交換したということになっているのですが、実際はここだけの話ですが、結婚相談所でした。

    お互いにそれは人には言わないようにするということで挙式でもその事実は伏せていたのです。

    もちろん、家族や友人もそれを知りません。

    ちょうど1年半前のことです。

    5月に誕生日を迎えた私は35歳という年齢になっていました。

    まわりも結婚をして子供がいる友達も多く、自分でもどうにかしたいという気持ちがありました。

    やはり一人では寂しいものです。

    そこでインターネットで見かけた相談所に入会をすることにしたのです。

    そこで彼女と出会いました。

    彼女は大阪の女子大を卒業していて、お嫁さんにした大学といわれるところの出身でした。

    学歴と写真だけ見た時に、この人と会ってみたいという気持ちになったのです。

    そして彼女の方にそれを伝えてもらう形でお互いに気持ちが一致したこともあって、会うことができたのです。

    地元では有名なホテルのカフェで待ち合わせをしました。

    彼女は当日、白いワンピースに黒い上着を着ていました。

    とてもきれいで相談所でこのような女性と出会うことができるとはと驚きました。

    話も盛り上がり、気が合うと思えました。

    専門的なジャンルも遠くなく、彼女も実は理系であるということで一緒に話をするのが自然な感じでした。

    そこから付き合いが始まったのです。

    彼女は料理も上手で仕事もしっかりとした自立できている女性で、とても尊敬できる部分がありました。

    時々、抜けたところがあるのも愛嬌があって、癒し系でよかったのです。

    夏にプロポーズ、そして翌年の挙式に向けて新居なども準備も進めました。

    プロポーズから挙式、入籍まで時間はあったのですが、お互いのことをより深く知ることができる時間になってよかったと思っています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP