20代の頃は独身の友人が沢山いたので、結婚についてはまだ先・・・

20代の頃は独身の友人が沢山いたので、結婚についてはまだ先でいいと焦りを感じることはありませんでした。

しかし30歳を過ぎてから、連続して結婚式に招待されるようになったり、出産したという報告を受けるうちに焦りを少しずつ感じるようになりました。

それに周囲からの女としての扱いにも変化がみられるようになったので、そろそろ自分も結婚して身を固めようかという気になりました。

しかしこれからの時代は安定した生活をするには金銭的なことに関してもシビアにならなければならないと考えているので、結婚相手にはある程度の年収があることを求めてしまいます。

合コンなどで知り合った男性は、付き合うことはあっても結婚について深く考えていない人が多いことを経験から知っていたので、大阪にある結婚相談所に登録することにしました。

結婚相談所に登録するには有料のためある程度お金がかかってしまいますが、その分、はっきりした年収を知ることができるので結婚相手を探すには最短のルートだと感じたからです。

実際に結婚相談所に登録してからスタッフと希望する結婚相手について話し合うことによって、自分が結婚相手に求めていることをはっきりさせることができました。

自分の希望に合わせて結婚相手の候補となる男性を探してもらい、セッティングしてもらうことができました。

自分が気に入ってでも、相手が私のことを気に入ってくれない場合は成立しないので切なく感じることもありましたが、とにかく結婚をしたいのであれば積極的に行動することが大事で細かいことは気にしないほうがいいとスタッフからアドバイスをされたので、前向きに頑張ることにしました。

結婚相談所に登録したことによって、スタッフという強い味方ができたことはとても満足しています。

結婚はデリケートな問題なので友人に相談できないこともありましたから、スタッフには何でも相談できるというのが魅力でした。

何人かの男性と顔を合わせて会話をし、その中から話がまとまったので友人としてお付き合いをはじめることになりました。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪23区内の結婚相談所を利用しました。・・・

    大阪23区内の結婚相談所を利用しました。

    私と夫はその結婚相談所を介して3年前に結婚しました。

    お互い都内在住で、私は都心で働くOL、夫は自営業でした。

    私はのんびり生きていたら何となく婚期を逃してしまい、周りが結婚しつくした30代半ばで真面目に婚活をしようと相談所に登録することにしました。

    夫はあまり女性とのお付き合いに興味がないタイプで、自営業なので出会いもなくのんびり生活していたら40代になってしまい、親の勧めで結婚相談所に入会したそうです。

    私たちが出会ったのは仲介型と呼ばれる結婚相談所です。

    仲介型の相談所はマンパワーで結婚相手にふさわしい人を選んでくれます。

    熟練のスタッフさんが人となりを見て、理想の条件だけではなく性格や雰囲気もマッチしそうな相手を選んでくれるのですが、私は夫が2番目に紹介された人でした。

    一人目に紹介された人はイマイチぴんと来なくてお断りしてしまったのですが、夫は初めから会話が弾み、あっという間にお顔合わせの1時間が終わってしまった印象で、また会いたいと思える相手でした。

    ちなみに夫は私は5番目の紹介者だそうで、けっこう活発に婚活をしていたようです。

    仲介型のメリットは担当者による手厚いサービスです。

    お顔合わせのお店や日時のセッティングから、当日の自己紹介まで全て担当者がアレンジしてくれて、軌道に乗ったところから二人で会話をすることができるので、自分で舵を取る必要がないので気持ち的に楽に婚活ができます。

    お顔合わせの回答も本人ではなく担当者に伝えますし、お顔合わせの次の段階に進めて初めて自分たちで会話をして親睦を深めていく流れになります。

    始めから自分たちだけで進めるとなると探り探りになりそうですし、直接お断りされたら傷も大きいような気がします。

    自ずと担当者とは密に連絡を取ることになるので、ちょっとしたことでも相談しやすいですし、なにより熟練のスタッフなのでなんでも的確に答えてくれてすごく頼りになりました。

  • 私は昔からあまり結婚願望がなく、自分が結婚をして新しい家庭・・・

    私は昔からあまり結婚願望がなく、自分が結婚をして新しい家庭を持っていることを全くイメージすることができませんでした。

    しかし30歳を過ぎてから、このままで良いのかと次第に焦るようになりました。

    周りの友人たちはすでに結婚をして子供を持っている人が多く、独身の友人が少なくなってしまったことも焦り始めた原因かもしれません。

    今の仕事はとてもやりがいがあり、同時に重い責任を感じています。

    プロジェクトチームのリーダーを任されたことで、日々の生活は仕事中心になっています。

    社内での出会いは期待できず、今のように家と会社の往復の毎日では新しい出会いもありません。

    徐々に焦る気持ちがつのり、結婚相談所へ入会することを視野に入れ始めました。

    しかし私は結婚相談所に対して、結婚をしたいけどそれが叶わない人たちが集まる場所のように感じていました。

    結婚に対して焦っている人たちの場所で、あまり良いイメージを持っていなかったことは事実でした。

    そこで、まずは自宅から近い場所にある大阪の結婚相談所を見つけ、カウンセリングを受けることにしました。

    いろいろ話を聞いてみて、もし自分に合わないようであれば入会を見送ろうと気楽に考えていました。

    実際にカウンセリングを受けてみると、私が思っていたような場所ではないことがわかりました。

    もっと気楽に構えて、たくさんの人たちと出会うことができる場所だと感じました。

    その中から、本当に自分に合う人を見つけることができれば、そして結婚へとつながることができたらそれは運命なのではないかとも感じました。

    自分の視野を広げるという意味も込めて、私はカウンセリングを受けた結婚相談所へ入会することにしました。

    担当してくれたスタッフの方がとても親切で、その方の印象が良かったことも結婚相談所に対するイメージが変わった理由かもしれません。

    今まだは入会してから3ヶ月ほどですが、これからの素敵な出会いに期待しています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP