もう少しで定年という年齢になって、妻を病気で亡くしました。・・・

もう少しで定年という年齢になって、妻を病気で亡くしました。

定年後はふたりでいろいろとおいしいものを食べたり、たまには旅行などにいったりして楽しく過ごそうと話していたのに、あまりに急でなかなかショックから立ち直ることはできませんでした。

子どもはいましたが二人とも男の子だったこともあって、それぞれの奥さんの実家のほうと懇意にすることが多かったです。

また遠方でしたので、心配はしてくれましたが、だからといって気軽に会いに来てくれるというのはむつかしかったですし、それも仕方がないとあきらめていました。

ですが仕事帰りにスーパーやコンビニで弁当などを買って家で一人で食べる生活は何ともわびしいものでした。

そのうち慣れるかと思っていましたが、慣れるどころかますますつらさがますばかりで、せめて話相手がほしいと切実に感じるようになったのです。

妻に先立たれた夫は老け込んでいくというのは本当だな、などと考えたりしていました。

それでたまたま仕事関係の人とそんな話を雑談していると、再婚してみてはどうですかといわれたのです。

今更再婚なんてと笑うと、最近は中高年の再婚はすごく多いですよと教えてくれました。

それでいろいろと調べてみると大阪のある結婚相談所では中高年の比率も多く、みんな積極的に人生の後半戦を楽しく過ごす相手を探していることがわかりました。

それで自分も思い切って登録してみようかという気持ちになったのです。

さっそく登録してみると確かに自分と同じくらいか、もしくは自分よりもっと上の年齢の人もたくさん登録しているようでした。

自分より上の人も多いということでなんだかリラックスできた気分になり、本当に楽しくいろいろな女性と食事にいったりできました。

その中の一人で、自分のように数年前に配偶者を亡くした女性がいました。

その人は一人で気楽などとは感じず毎日さみしいといっていました。

今はその女性と籍をきちんと入れ支えあって暮らしています。

料理の上手な人で満ち足りた毎日です。

結婚相談所に登録して本当によかったと感じています。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪の結婚相談所に登録しています。・・・

    大阪の結婚相談所に登録しています。

    私は30代前半の会社員で、特に結婚願望が高いというわけではないのですが、親からそろそろお嫁に行ってほしいと頼まれ、安心させるためにも入会することにしました。

    結婚相談所は親が決めてきたのですが、誰もが名を聞いたことのある大手企業グループが運営している大きなところです。

    その登録者数は数万人レベルで驚いてしまったのですが、世の中にそんなに婚活している人がいると思ってもいなかったので、その規模に驚き、また出会いの確率が高そうなのでパンフレットを読み進めるうちに自分もすごくテンションが上がってきました。

    婚活の内容としては、自分専用の担当者がつきますが、基本的には自宅のパソコンへ連絡が来る形です。

    紹介もパソコンを通してされるので、自分の好きなタイミングで見ることが出来て、仕事をしている人でも進めやすいと思います。

    紹介者とのやり取りも公式サイト上でのみ使えるメッセージツールなので、メアドやラインIDを教える必要もないので安心感があります。

    それに申し込みの際のIDチェックや証明書関係の提出はかなり厳しかったので、独身と偽って既婚者が紛れ込んでいたり、遊び相手探しや詐欺目的での入会もできそうもない環境なのでその点でも安心感があります。

    やはり結婚相談所は安心感は大切だと思います。

    見ず知らずの相手とやり取りをして結婚相手としてふさわしいかを見定めていく行為なので、お互いに個人情報は話さざるを得ません。

    しかも出会って間もなくそのような自己紹介をするので、正直、初める前は「本当に大丈夫??悪い人もいるんじゃないの?」という不安もありました。

    でも、実際は変な人は全然いなくて、真面目に婚活に取り組んでいる人ばかりでした。

    入会金や月会費がある程度発生するのも遊び目的の人を排除するフィルターになっているのかもしれません。

    今はまだ初めてそれほどたっていないので結婚相手とは出会えていませんが、良い出会いがありそうな気がしています。

  • これまで結婚したいと考えた女性はいたのですがことごとくその・・・

    これまで結婚したいと考えた女性はいたのですがことごとくその機会を失い、今では自分もすっかり30代も半ばを迎えてしまいました。

    気がつくと5年ほど彼女はおらず、年齢のせいか会社での責任ばかりが重くなって休日も外出するのが面倒臭く一人で過ごすスタイルが楽に思えるようになってきました。

    そんな状態を客観視した時、やっぱりこれではいけないと思い、新たな出会い、それも本格的な結婚に向けた出会いを模索するために結婚相談所への登録を決意したのです。

    さすが大阪の結婚相談所というだけあって、そこに登録されている会員数も実に豊富です。

    私は趣味が映画と音楽なのですが、最初のカウンセリングではそんな趣味のさらに枝分かれするようなところまで聞き込んでくれて個人情報として記録してくれます。

    こう言った細やかな情報がのちにマッチングとなって実ってくるわけです。

    私の場合、結婚相談所が主宰する婚活パーティーなどにも2、3回参加してみたものの、皆の積極的なアピールがものすごくて、逆にカウンセラーさんにお願いして一対一で相手とあってお話しする落ち着いたスタイルで臨みたいということになりました。

    相手の女性も年収や趣味、性格、年齢、学歴などの面でさまざまな要望を出し、それがこちらの希望と一致する場合にマッチングが行われるわけですが、3ヶ月の間に5人くらいの方を紹介してもらうことができ、その中の一人と意気投合。

    こちらの返事とあちらの返事が無事に合致したことによって、めでたくカップル成立ということになりました。

    しかし重要なのはここからです。

    いよいよ自由なお付き合いが得きるようになるわけですが、その中では女性の気持ちや相手の本心などがわからないことも多く、そんな時には結婚相談所のカウンセラーに率直に質問して相手の気持ちなどについて相談に乗ってもらいました。

    そんな心がけが実ったのか、それから4ヶ月ほどが経った頃に私は彼女にプロポーズをして、彼女はそれを受諾。

    私にとって生涯忘れられない記憶となりました。

    今まさに2ヶ月後に迫った披露宴の準備に大忙しですが、仕事と並行して頑張りたいです。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP