どんどん仲良しの友達が結婚をしていき、気が付いたら私の仲良・・・

どんどん仲良しの友達が結婚をしていき、気が付いたら私の仲良しで独身なのは1人もいなくなっていました。

みんな結婚をして家庭をもっていて、すごく充実しているように見え、本当にうらやましいと思っていました。

私もそろそろ結婚をしたいと思うようになったので、思い切って大阪の結婚相談所に入会をすることにしました。

でも大阪にはかなり多くの結婚相談所があり、どこを利用したらいいのかわからないなと思いました。

そこで、私の友達で大阪の結婚相談所を利用して結婚をした友達におすすめの結婚相談所がないか聞きました。

そしたら、入会金とか活動費もそこまで高くなく、評判のいい結婚相談所を紹介してもらうことができました。

私はすぐにそこに入会をしました。

入会をしたら、多くの人と知り合うことができました。

結構いろいろな人からお見合いの申し込みがあり、私は入会をしてから1か月の間に、いろいろな人とお見合いをしました。

年齢が10歳離れた男性からお見合いをしたいといわれお見合いをしましたし、同じ職業の人とか、出身地が同じ人などいろいろな人とお見合いをしました。

こんなにお見合いの申し込みが自分にくるとは思っていなかったので、本当にうれしかったです。

いろいろな人とお見合いをしたおかげで、私はかなり自分と気が合う人を見つけることができました。

その人は、私よりも5歳年上の人でした。

すごく優しい人で、私と趣味が同じだったので趣味の話でかなり意気投合できました。

お互い、登山が好きなので、今度一緒に登山をしましょう、という話にもなりました。

他にも金銭感覚とか結婚観なども同じで、すごく気が合いその人と話しをしているとあっという間に時間が過ぎていくなと感じていました。

その男性から結婚を前提としたお付き合いをしたいといわれたので、私たちはすぐに交際をスタートさせました。

私もその男性もすぐにでも結婚をしたいと考えていたので、私たちはお付き合いをして三か月後に結婚しました。

結婚相談所を利用してよかったと思っています。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 「結婚相談所に入会した」と人に話すと「出会いのためにお金を・・・

    「結婚相談所に入会した」と人に話すと「出会いのためにお金をかけるなんて無理」と言われます。

    でも、私的には恋愛と結婚は全く別物だという考えが昔からありました。

    私の両親は若いころに大恋愛して結婚したのですが、若くして結婚したこともあり父の収入も少なく母は大変苦労しました。

    その経験から私には「結婚するのなら安定した収入が望めるような人と結婚しなさい」と助言を繰り返していました。

    また、私には自分のような苦労をさせたくないために、少ない給料の中、自分もパートを掛け持ちして大阪の大学に進学させてくれたのです。

    そんな母親に感謝の意味もあり、「私も絶対に後悔しない結婚相手を見つけたい」を思っていました。

    だからこそ、まだ、20代という若さながら結婚相談所に入会したのです。

    もちろん、合コンなどの誘いもありそれなりに男性にはモテていたのですが、やはり合コンに来るような男性はレベルが低いのです。

    結婚相談所への入会金は7万円で、月額は1万円も行きませんでした。

    月額制なので基本的には何人の方とあっても変わりません。

    希望の条件を満たす男性は多くいてうれしかったです。

    私が若いこともあり、男性側から私のプロフィールや写真などを見て「会いたい」と申し込まれることが多かったです。

    この時、「20代と30代での入会では女性は大いに差がある」と感じました。

    何人かの方とお会いし、その中から誠実そうな今の旦那さんと交際が始まりました。

    仕事的にも公務員ですので安定していますし、収入も十分なほど得ています。

    母にも紹介したのですが「申し分ない」ということで、この春結婚することになりました。

    「結婚は一生もの」です。

    愛だけで生きていけるのは結婚して数年のことでしょう。

    生活するにはある程度のお金が必要になります。

    打算的といわれるかもしれませんが、より自分の求める希望の男性を見つけるのなら結婚相談所を利用するのがベストだと感じています。

  • 私は20歳代前半で大きな失恋をしてしまい。・・・

    私は20歳代前半で大きな失恋をしてしまい。

    それ以来、男性恐怖症になってしまいました。

    一時期は、外出するのも嫌になり、約2年間、ひきこもりの生活を送っていました。

    完全に失恋のショックが癒えたのは30歳を超えたあたりで、大阪都でOLとして働き始め、普段の生活を取り戻しました。

    しかしながら、男性に対する警戒心は強まるばかりで、お付き合いすることはできませんでした。

    そんな私も35歳を過ぎて、周りの友達も子供を持つ人が増えてきました。

    いわゆる女子会を開いても、育児の話題が大半を占めますし、8時には帰宅する人ばかりです。

    私は子供は大好きでしたから、いずれ、母親になりたいと考えていましたが、年齢的にも本気で結婚を考えないと無理だと考えるようになりました。

    そんな私の悩みを知っていた親友が、結婚相談所に入会することを勧めてくれました。

    実は彼女は結婚相談所で知り合った男性とこの春に結婚していて、来年には赤ちゃんが生まれるのです。

    彼女が言うには、職場や学生時代に知り合った人だと、結婚に至らなかった場合、余計な気を遣わなくてならないけれど、結婚相談所であれば全く生活環境の異なる相手と出会えるので、気兼ねなしにお付き合いできると言うのです。

    結局、その親友に連れらえて結婚相談所に行くことにしました。

    だけれども、私の男性恐怖症がどの程度治まっているのか。

    自分自身では見当もつきませんでしたので、不安で仕方ありませんでした。

    結婚相談所のコンサルタントにその話をしたところ、会員の中には私と同じような経験を持つ人はたくさんいるとのことでしたので、少し安心しました。

    それから、1年が経過し最初は男性と話すことさえ満足にできませんでしたが、7人目に出会った彼とようやく結婚について話し合えるようになりました。

    彼は、私が男性恐怖症であることを理解し、最初はかなり気を遣いながら、根気よく接してくれました。

    そのおかげで、徐々に心を開くことができるようになりましたし、母親になりたいという夢も叶いそうです。

    結婚相談所に半ば無理やり連れて行ってくれた親友には、本当に感謝しています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP