「結婚相談所に入会した」と人に話すと「出会いのためにお金を・・・

「結婚相談所に入会した」と人に話すと「出会いのためにお金をかけるなんて無理」と言われます。

でも、私的には恋愛と結婚は全く別物だという考えが昔からありました。

私の両親は若いころに大恋愛して結婚したのですが、若くして結婚したこともあり父の収入も少なく母は大変苦労しました。

その経験から私には「結婚するのなら安定した収入が望めるような人と結婚しなさい」と助言を繰り返していました。

また、私には自分のような苦労をさせたくないために、少ない給料の中、自分もパートを掛け持ちして大阪の大学に進学させてくれたのです。

そんな母親に感謝の意味もあり、「私も絶対に後悔しない結婚相手を見つけたい」を思っていました。

だからこそ、まだ、20代という若さながら結婚相談所に入会したのです。

もちろん、合コンなどの誘いもありそれなりに男性にはモテていたのですが、やはり合コンに来るような男性はレベルが低いのです。

結婚相談所への入会金は7万円で、月額は1万円も行きませんでした。

月額制なので基本的には何人の方とあっても変わりません。

希望の条件を満たす男性は多くいてうれしかったです。

私が若いこともあり、男性側から私のプロフィールや写真などを見て「会いたい」と申し込まれることが多かったです。

この時、「20代と30代での入会では女性は大いに差がある」と感じました。

何人かの方とお会いし、その中から誠実そうな今の旦那さんと交際が始まりました。

仕事的にも公務員ですので安定していますし、収入も十分なほど得ています。

母にも紹介したのですが「申し分ない」ということで、この春結婚することになりました。

「結婚は一生もの」です。

愛だけで生きていけるのは結婚して数年のことでしょう。

生活するにはある程度のお金が必要になります。

打算的といわれるかもしれませんが、より自分の求める希望の男性を見つけるのなら結婚相談所を利用するのがベストだと感じています。

大阪の結婚相談所
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

大阪の結婚相談所の口コミ

   

結婚相談所の体験談

  • 大阪23区内の結婚相談所を利用しました。・・・

    大阪23区内の結婚相談所を利用しました。

    私と夫はその結婚相談所を介して3年前に結婚しました。

    お互い都内在住で、私は都心で働くOL、夫は自営業でした。

    私はのんびり生きていたら何となく婚期を逃してしまい、周りが結婚しつくした30代半ばで真面目に婚活をしようと相談所に登録することにしました。

    夫はあまり女性とのお付き合いに興味がないタイプで、自営業なので出会いもなくのんびり生活していたら40代になってしまい、親の勧めで結婚相談所に入会したそうです。

    私たちが出会ったのは仲介型と呼ばれる結婚相談所です。

    仲介型の相談所はマンパワーで結婚相手にふさわしい人を選んでくれます。

    熟練のスタッフさんが人となりを見て、理想の条件だけではなく性格や雰囲気もマッチしそうな相手を選んでくれるのですが、私は夫が2番目に紹介された人でした。

    一人目に紹介された人はイマイチぴんと来なくてお断りしてしまったのですが、夫は初めから会話が弾み、あっという間にお顔合わせの1時間が終わってしまった印象で、また会いたいと思える相手でした。

    ちなみに夫は私は5番目の紹介者だそうで、けっこう活発に婚活をしていたようです。

    仲介型のメリットは担当者による手厚いサービスです。

    お顔合わせのお店や日時のセッティングから、当日の自己紹介まで全て担当者がアレンジしてくれて、軌道に乗ったところから二人で会話をすることができるので、自分で舵を取る必要がないので気持ち的に楽に婚活ができます。

    お顔合わせの回答も本人ではなく担当者に伝えますし、お顔合わせの次の段階に進めて初めて自分たちで会話をして親睦を深めていく流れになります。

    始めから自分たちだけで進めるとなると探り探りになりそうですし、直接お断りされたら傷も大きいような気がします。

    自ずと担当者とは密に連絡を取ることになるので、ちょっとしたことでも相談しやすいですし、なにより熟練のスタッフなのでなんでも的確に答えてくれてすごく頼りになりました。

  • 大阪で結婚相談所を利用しました。 当・・・

    大阪で結婚相談所を利用しました。

    当時、私は40代に入ったところで結婚経験はありません。

    お付き合いしていた女性がいた時期もありますが、仕事が忙しかったので仕事中心の生活を送っているうちに、一向に結婚の意志を見せない私は見捨てられてしまった感があります。

    ただ、30代の頃はそれでも全く問題ないと思っていました。

    でも、40代になると親も体が弱ってきて、親に孫の顔を見せてあげたいという気持ちも生まれ、徐々に結婚願望が生まれてきて、結婚相談所に登録することにしました。

    私が登録したのは仲介型と呼ばれる形式で、スタッフが自分に合った女性を紹介してくれる流れとなります。

    紹介はまずデータと顔写真を提示されて、その人と実際に会うかどうかの返事をするのですが、男女共にOKという返事が出た時点で顔合わせとなります。

    顔合わせは相談所の近くにあるカフェで二人きりで行われます。

    ただ、初めの自己紹介の時だけお互いの担当スタッフも同席するので、一から十まで二人きりで仕切らなければいけないというわけではなく、流れはスタッフが作り上げてくれる中で、小1時間ほど二人きりで話をするということになります。

    時間になったら相談所に戻り、話を進めるか否かの返事をするのですが、これは本人に直接するのではなく、お互いのスタッフに回答をするので、万が一お断りされてもダメージは少な目です。

    私は2度目の顔合わせの女性を気に入り、話を進めたいと返事をしました。

    1度目に顔合わせをした女性は残念ながら話が盛り上がらず、また会いたいとは思わなかったのでこちらから断りました。

    でも、多分向こうからも断られていたと思います。

    そして2度目に会った女性は相手も話を進めたいという返事をしてくれたので、連絡先を交換して次は最初から二人で会う約束をしました。

    その際の会う場所や振舞い方なども担当スタッフが色々相談に乗ってくれたので、円滑に進めることが出来、今はその女性と順調に交際を続けています。

大阪の結婚相談所を検索

PAGE TOP